困ったときにはキャッシング

どんな人でも経験があるのは給料日前にお金が足りなくなってしまった、とか臨時の出費で今すぐお金を用意しなければならないなどのお金のトラブルだと思います。
そんな時誰も頼れる人がいない時は慌ててしまいがちですが、そこは慌てずに、冷静になって安心して利用できるキャッシング業者を見つけることが大切です。

 

キャッシング業者と聞くとなんだか怖い、怪しいというイメージを持つ方もいるようですが、ちゃんと法律を守っている業者ならば何も怖くありません。
そんな業者はどこで見つければいいのかというと、テレビなどの広告で有名な業者がおすすめです。

 

逆に名前も聞いたことがないという業者の中には悪徳業者が紛れているので、気をつけなければいけません。
ですが、アイフルやモビット、プロミスなどのお馴染みの業者を選べば何の心配もありません。
まずは、それぞれのホームページにアクセスしてみて、納得のいくところを選んでみてください。

 

迷った時は、金利が少しでも低いところや、審査のスピードなどで比べてみましょう。

仕事のための本を沢山持ちたい

最近、本屋さんに通うことが多いんです。

なぜ本屋さんに通うかというと、資格を取るためだったり仕事でより良いクオリティを発揮するために必要な、資料、教科書みたいなものを揃えることを目的に、いろんな専門書を吟味するために、通っているのです。

そういう資格を取るために必要な専門書というのは、一般書と比べて軒並み高額です。

一般書の数倍ならまだ優しい方で、そもそも桁が違うような価格がつけられているような、専門書も中には存在しています。

そういう本を見る度に『欲しいな』という感情が、体の奥底から自分を突き動かそうとしてくるのですが、毎回、自分の財布と相談して『残念だけど諦めよう』という判断を毎回毎回下してきていました。

それが最近『こういうものこそお金を借りてでも買うべきなのではないか?』という考えが私の頭の中に浮かんできたのです。

何故かと言うとそれはニュースで『奨学金』についてのニュースを見たことがきっかけでそう思いついたのです。

奨学金はザックリ言うと『これから学習をするためにお金を借りる制度』です。

なぜ学習をするという名目でお金を借りることが出来るかというと、学習をするということは要するに『知的資本』を身につけることであり、その知的資本を元手にお金を稼ぐことが可能になる、という前提があるからだと思います。

要するに、奨学金はお金を稼ぐために勉強することを推奨する制度なはずです。

それならば、仕事に就いてからも、奨学金感覚でお金を借りて今の仕事に関連する勉強をすることは別におかしくはないと思ったのです。

ということで私は今、お金を借りて、勉強材料を手に入れることを本当に行うかどうか検討しているのです。

大人になってわかるお金を借りるということ

親や学校の先生など、大人が子供にお金のことを教える場合、ひとからお金を借りてはいけないと教えるものです。

 

子供の時期でもわずかなお小遣いを持ち歩いて、おやつを買ったりするわけですが、その時期からお金の教育をしっかりとしておかないといけないととおもうわけです。

 

もちろん基本的にはお金を借りてはいけないものだというのが正しいと思いますし、特に純粋で多くのことを学んでいる時期の子供にとっては、最も基本的なことを身に付けるのが一番だと思います。

 

しかし大人になるにつれて、お金の使い道は多様になってきます。

 

本当にお金を借りてはいけないという基本的なルールにがんじがらめになりすぎるのもよくない場合があります。

 

たとえば住宅や自動車など高額な商品を購入する際は、ローンという形で、お金を借ります。

 

もしそうしなければ、お金が貯まるまで手にすることができないことになってしまいます。

 

そのほかにもさまざまな形で出費ができる場合があります。

 

不足を一時的に補うためには、お金を借りたほうがはるかに効果的な場合もあります。

 

また事業をしていると、融資を受けることで、資金調達ができて事業の拡大や継続がはかられることもよくあります。

 

お金を借りるということは子供のころはよくないと学ぶべきことでしょう。

 

しかし成長するにしたがって、世の中がお金で回っていることを理解するにしたがって、時にはお金を借りたほうがうまくいく場合もあるということを知るようになってきます。

 

もちろん無駄な借入や返済のできないようなことは絶対に避けなければなりません。

急な入院でお金を借りました

ひとり暮らしをしていた時のことです。

毎日お酒を大量に飲んで食事は適当なものを食べてとりあえずお腹を膨らますだけという無茶な生活をしていた時に急に体調を壊し入院することになってしまいました。

当時、貯金もほとんどしていなかったので入院費が出せず仕方なくキャッシングしてお金を工面しました。

医療保険に入っていたので入院費は保険でどうにかなると思っていたのですが、実際に入院費を申請してから支払われるまで何日か掛かるんですよね。

体を壊し、お金まで借りなくてはならない状況に気持ちは落ち込みましたが、保険料が支払われた後キャッシングした分のお金は全部返す事が出来ました。

それからは不摂生ばかりせず、貯金もある程度はしておかなければと思っています。

海外でお金が足りなくなってしまった

海外旅行に行ったものの、所持金が底を尽きてしまった。

そのようなときはどうすればよいのでしょうか。

そのようなときはクレジットカードを利用して最寄りのATMで現地通貨をキャッシングするのがよいでしょう。

手持ちのクレジットカードにVISAやMASTERのマークが入っていれば、海外の銀行ATMで利用することができます。

返済はもちろん日本に帰国してから日本円で行うことになりますので、安心して利用することができるでしょう。

そもそも海外では余計な現金は持ち歩きたくありませんね。

多くの現金を持ち込まず、クレジットカードのキャッシング機能を最初からあてにして渡航を計画してもいいのではないでしょうか。

高い金利というイメージがつきまといますが、最も小売でも年18%ですから、1ヶ月借りただけでは大きな金額にはなりません。

借金も財産のうち!

大きい借金も、できるからしているんだから、それも財産のうちですよ。

返せるわけですから…

だから、借金も財産のうち!というイメージです。

悪いイメージを抱くのは、その借金が返せない人が自殺をしたり、わざと夫婦関係を結んで殺して保険金をだまし取ろうとしたり、賭け事の失敗から他人の家に泥棒に入ったりするからです。

そういう借金の人もいれば、生活でどうしても必要な分だけにした返せる分量の借金では、その中身が全然違いますから…
一概には悪いとかいいとか言えません。

もし、借金しないで、すべてを今すぐやってください!となると、国は国債などから借金をして、公共工事をやったり、地方の財政の穴埋めをしたり、緊急の時に財政出動をしているので、国に言わないといけないことになります。

お金を借りると拘束されるイメージ

お金を借りると、それを返さないといけないから拘束されるイメージがあります。

人間誰でも、長い人生のうちには、大きな買い物がいくつもあるから、借金をします。

一括現金でバサッと買える人は少ないでしょう。

家でも、車でも…
洋服でも、発表会で着るような洋服は高いですし…
いつも同じ格好もできないですし…
やりくりは絶対大変なはず。

だけど、みんなが何とかなっているのは、「貯金」も別口座にきちんとしていて、借金は借金として、毎月返済をしているから、平気でいられるわけで、もし別の口座に全く預金がなかったら、それこそただ恐怖なだけですよ。

借金は働き盛りの誰でもが、ある程度はあるものなので、私としてはあって当然!というイメージです。

ですが、それは、他に預金もしているからであって、みんなが持つ借金を、ただ借金がある…と悪い風に、わざわざ噂する人の方が間違っていますよ。

お金を借りるイメージは「貧乏、くらい」というだけ

お金は、あった方がいいに決まっているので、いつもはちゃんとある人でも、お金がないときには「貧乏、暗い」という、悲しい気持ちに誰しもなりますよ。

先々に不安が出てくるから、今だったら何とかこなせても、これから先で、どんな事があるかわからないし、「怖い!」という一種の恐怖ですよ。

特に、家族に弱い物を抱えている人は、そういう気持ちが強くあると思います。

借りると何とかなることはたくさんありますし、それをきちんと返せるだけの力を持っていても、借金があると、あちこち、縛られますからね。

お金のために働かないといけなくなりますしね。

自分のやりたいことでどんどんお金が入る人が増えない限り、キャッシングに対する暗いイメージはぬぐいきれないでしょう。

やりたくもない仕事を選ばないように、使わないようにすれば、好きなことが少しでも顔をのぞかせる生活ができるのではないでしょうか?