お金を借りるイメージは「貧乏、くらい」というだけ

お金は、あった方がいいに決まっているので、いつもはちゃんとある人でも、お金がないときには「貧乏、暗い」という、悲しい気持ちに誰しもなりますよ。

先々に不安が出てくるから、今だったら何とかこなせても、これから先で、どんな事があるかわからないし、「怖い!」という一種の恐怖ですよ。

特に、家族に弱い物を抱えている人は、そういう気持ちが強くあると思います。

借りると何とかなることはたくさんありますし、それをきちんと返せるだけの力を持っていても、借金があると、あちこち、縛られますからね。

お金のために働かないといけなくなりますしね。

自分のやりたいことでどんどんお金が入る人が増えない限り、キャッシングに対する暗いイメージはぬぐいきれないでしょう。

やりたくもない仕事を選ばないように、使わないようにすれば、好きなことが少しでも顔をのぞかせる生活ができるのではないでしょうか?