お金を借りると、それを返さないといけないから拘束されるイメージがあります。

人間誰でも、長い人生のうちには、大きな買い物がいくつもあるから、借金をします。

一括現金でバサッと買える人は少ないでしょう。

家でも、車でも…
洋服でも、発表会で着るような洋服は高いですし…
いつも同じ格好もできないですし…
やりくりは絶対大変なはず。

だけど、みんなが何とかなっているのは、「貯金」も別口座にきちんとしていて、借金は借金として、毎月返済をしているから、平気でいられるわけで、もし別の口座に全く預金がなかったら、それこそただ恐怖なだけですよ。

借金は働き盛りの誰でもが、ある程度はあるものなので、私としてはあって当然!というイメージです。

ですが、それは、他に預金もしているからであって、みんなが持つ借金を、ただ借金がある…と悪い風に、わざわざ噂する人の方が間違っていますよ。

関連記事


    お金は、あった方がいいに決まっているので、いつもはちゃんとある人でも、お金がないときには「貧乏、暗い」という、悲しい気持ちに誰しもなりますよ。 先々に不安が出てくるから、今だったら何とかこなせても、こ…


    大きい借金も、できるからしているんだから、それも財産のうちですよ。 返せるわけですから… だから、借金も財産のうち!というイメージです。 悪いイメージを抱くのは、その借金が返せない人が自殺をしたり、わ…


    親や学校の先生など、大人が子供にお金のことを教える場合、ひとからお金を借りてはいけないと教えるものです。   子供の時期でもわずかなお小遣いを持ち歩いて、おやつを買ったりするわけですが、その…


    ひとり暮らしをしていた時のことです。 毎日お酒を大量に飲んで食事は適当なものを食べてとりあえずお腹を膨らますだけという無茶な生活をしていた時に急に体調を壊し入院することになってしまいました。 当時、貯…


    海外旅行に行ったものの、所持金が底を尽きてしまった。 そのようなときはどうすればよいのでしょうか。 そのようなときはクレジットカードを利用して最寄りのATMで現地通貨をキャッシングするのがよいでしょう…