ひとり暮らしをしていた時のことです。

毎日お酒を大量に飲んで食事は適当なものを食べてとりあえずお腹を膨らますだけという無茶な生活をしていた時に急に体調を壊し入院することになってしまいました。

当時、貯金もほとんどしていなかったので入院費が出せず仕方なくキャッシングしてお金を工面しました。

医療保険に入っていたので入院費は保険でどうにかなると思っていたのですが、実際に入院費を申請してから支払われるまで何日か掛かるんですよね。

体を壊し、お金まで借りなくてはならない状況に気持ちは落ち込みましたが、保険料が支払われた後キャッシングした分のお金は全部返す事が出来ました。

それからは不摂生ばかりせず、貯金もある程度はしておかなければと思っています。

関連記事


    大きい借金も、できるからしているんだから、それも財産のうちですよ。 返せるわけですから… だから、借金も財産のうち!というイメージです。 悪いイメージを抱くのは、その借金が返せない人が自殺をしたり、わ…


    最近、本屋さんに通うことが多いんです。 なぜ本屋さんに通うかというと、資格を取るためだったり仕事でより良いクオリティを発揮するために必要な、資料、教科書みたいなものを揃えることを目的に、いろんな専門書…


    お金を借りると、それを返さないといけないから拘束されるイメージがあります。 人間誰でも、長い人生のうちには、大きな買い物がいくつもあるから、借金をします。 一括現金でバサッと買える人は少ないでしょう。…


    お金は、あった方がいいに決まっているので、いつもはちゃんとある人でも、お金がないときには「貧乏、暗い」という、悲しい気持ちに誰しもなりますよ。 先々に不安が出てくるから、今だったら何とかこなせても、こ…


    親や学校の先生など、大人が子供にお金のことを教える場合、ひとからお金を借りてはいけないと教えるものです。   子供の時期でもわずかなお小遣いを持ち歩いて、おやつを買ったりするわけですが、その…