大人になってわかるお金を借りるということ

親や学校の先生など、大人が子供にお金のことを教える場合、ひとからお金を借りてはいけないと教えるものです。

 

子供の時期でもわずかなお小遣いを持ち歩いて、おやつを買ったりするわけですが、その時期からお金の教育をしっかりとしておかないといけないととおもうわけです。

 

もちろん基本的にはお金を借りてはいけないものだというのが正しいと思いますし、特に純粋で多くのことを学んでいる時期の子供にとっては、最も基本的なことを身に付けるのが一番だと思います。

 

しかし大人になるにつれて、お金の使い道は多様になってきます。

 

本当にお金を借りてはいけないという基本的なルールにがんじがらめになりすぎるのもよくない場合があります。

 

たとえば住宅や自動車など高額な商品を購入する際は、ローンという形で、お金を借ります。

 

もしそうしなければ、お金が貯まるまで手にすることができないことになってしまいます。

 

そのほかにもさまざまな形で出費ができる場合があります。

 

不足を一時的に補うためには、お金を借りたほうがはるかに効果的な場合もあります。

 

また事業をしていると、融資を受けることで、資金調達ができて事業の拡大や継続がはかられることもよくあります。

 

お金を借りるということは子供のころはよくないと学ぶべきことでしょう。

 

しかし成長するにしたがって、世の中がお金で回っていることを理解するにしたがって、時にはお金を借りたほうがうまくいく場合もあるということを知るようになってきます。

 

もちろん無駄な借入や返済のできないようなことは絶対に避けなければなりません。