親や学校の先生など、大人が子供にお金のことを教える場合、ひとからお金を借りてはいけないと教えるものです。

 

子供の時期でもわずかなお小遣いを持ち歩いて、おやつを買ったりするわけですが、その時期からお金の教育をしっかりとしておかないといけないととおもうわけです。

 

もちろん基本的にはお金を借りてはいけないものだというのが正しいと思いますし、特に純粋で多くのことを学んでいる時期の子供にとっては、最も基本的なことを身に付けるのが一番だと思います。

 

しかし大人になるにつれて、お金の使い道は多様になってきます。

 

本当にお金を借りてはいけないという基本的なルールにがんじがらめになりすぎるのもよくない場合があります。

 

たとえば住宅や自動車など高額な商品を購入する際は、ローンという形で、お金を借ります。

 

もしそうしなければ、お金が貯まるまで手にすることができないことになってしまいます。

 

そのほかにもさまざまな形で出費ができる場合があります。

 

不足を一時的に補うためには、お金を借りたほうがはるかに効果的な場合もあります。

 

また事業をしていると、融資を受けることで、資金調達ができて事業の拡大や継続がはかられることもよくあります。

 

お金を借りるということは子供のころはよくないと学ぶべきことでしょう。

 

しかし成長するにしたがって、世の中がお金で回っていることを理解するにしたがって、時にはお金を借りたほうがうまくいく場合もあるということを知るようになってきます。

 

もちろん無駄な借入や返済のできないようなことは絶対に避けなければなりません。

関連記事


    お金を借りると、それを返さないといけないから拘束されるイメージがあります。 人間誰でも、長い人生のうちには、大きな買い物がいくつもあるから、借金をします。 一括現金でバサッと買える人は少ないでしょう。…


    お金は、あった方がいいに決まっているので、いつもはちゃんとある人でも、お金がないときには「貧乏、暗い」という、悲しい気持ちに誰しもなりますよ。 先々に不安が出てくるから、今だったら何とかこなせても、こ…


    最近、本屋さんに通うことが多いんです。 なぜ本屋さんに通うかというと、資格を取るためだったり仕事でより良いクオリティを発揮するために必要な、資料、教科書みたいなものを揃えることを目的に、いろんな専門書…


    ひとり暮らしをしていた時のことです。 毎日お酒を大量に飲んで食事は適当なものを食べてとりあえずお腹を膨らますだけという無茶な生活をしていた時に急に体調を壊し入院することになってしまいました。 当時、貯…


    海外旅行に行ったものの、所持金が底を尽きてしまった。 そのようなときはどうすればよいのでしょうか。 そのようなときはクレジットカードを利用して最寄りのATMで現地通貨をキャッシングするのがよいでしょう…