最近、本屋さんに通うことが多いんです。

なぜ本屋さんに通うかというと、資格を取るためだったり仕事でより良いクオリティを発揮するために必要な、資料、教科書みたいなものを揃えることを目的に、いろんな専門書を吟味するために、通っているのです。

そういう資格を取るために必要な専門書というのは、一般書と比べて軒並み高額です。

一般書の数倍ならまだ優しい方で、そもそも桁が違うような価格がつけられているような、専門書も中には存在しています。

そういう本を見る度に『欲しいな』という感情が、体の奥底から自分を突き動かそうとしてくるのですが、毎回、自分の財布と相談して『残念だけど諦めよう』という判断を毎回毎回下してきていました。

それが最近『こういうものこそお金を借りてでも買うべきなのではないか?』という考えが私の頭の中に浮かんできたのです。

何故かと言うとそれはニュースで『奨学金』についてのニュースを見たことがきっかけでそう思いついたのです。

奨学金はザックリ言うと『これから学習をするためにお金を借りる制度』です。

なぜ学習をするという名目でお金を借りることが出来るかというと、学習をするということは要するに『知的資本』を身につけることであり、その知的資本を元手にお金を稼ぐことが可能になる、という前提があるからだと思います。

要するに、奨学金はお金を稼ぐために勉強することを推奨する制度なはずです。

それならば、仕事に就いてからも、奨学金感覚でお金を借りて今の仕事に関連する勉強をすることは別におかしくはないと思ったのです。

ということで私は今、お金を借りて、勉強材料を手に入れることを本当に行うかどうか検討しているのです。

関連記事


    親や学校の先生など、大人が子供にお金のことを教える場合、ひとからお金を借りてはいけないと教えるものです。   子供の時期でもわずかなお小遣いを持ち歩いて、おやつを買ったりするわけですが、その…


    お金は、あった方がいいに決まっているので、いつもはちゃんとある人でも、お金がないときには「貧乏、暗い」という、悲しい気持ちに誰しもなりますよ。 先々に不安が出てくるから、今だったら何とかこなせても、こ…


    どんな人でも経験があるのは給料日前にお金が足りなくなってしまった、とか臨時の出費で今すぐお金を用意しなければならないなどのお金のトラブルだと思います。 そんな時誰も頼れる人がいない時は慌ててしまいがち…


    大きい借金も、できるからしているんだから、それも財産のうちですよ。 返せるわけですから… だから、借金も財産のうち!というイメージです。 悪いイメージを抱くのは、その借金が返せない人が自殺をしたり、わ…


    お金を借りると、それを返さないといけないから拘束されるイメージがあります。 人間誰でも、長い人生のうちには、大きな買い物がいくつもあるから、借金をします。 一括現金でバサッと買える人は少ないでしょう。…